『洗顔の大切さ』

『洗顔の大切さ』

 

汚れを落とすときに
肌はダメージを受けている

 

例えば
キッチンでの洗いもの
手が荒れたりしませんか?
汚れを落とす行為って、
肌にとてもダメージを与える
行為なんです

 

『洗う』という行為が
知らず知らずのうちに
肌にダメージを与える
ということを
ご理解いただけましたか?

 

洗顔も同じこと!
一年に
365日朝晩で×2=730回

 

肌の表面は
バリア機能という
肌内部を守るための
水と油が混じり合った
保護膜で覆われています

それが洗顔などによる
落とす行為のダメージで、
バリア機能が薄くなり、
スカスカになってしまう。

その結果
肌内部の栄養が
逃げやすくなり、
外部の刺激も肌に
入りやすくなる。

これが

乾燥や敏感な状態を
引き起こす原因
なのです。

洗顔とは・・・
洗うだけだから・・・ではなく
美肌とは一番関係の深い
『美肌をつくる元』! なのです

 

なのでこれから洗顔に対しての取り組み方をしっかり見直して

早い段階から行っていく必要があるということです。