『腸内環境が肌に与える影響とは』

食べ物が主に消化吸収されるのは、十二指腸や小腸です。

約6メートルもの長さがある小腸内部の絨毛というヒダから栄養素を吸収し、血液中へ送り込みます。
意外かもしれませんが腸とお肌の関係もとても密接なので、美肌になる為にも知っておきたい知識をご紹介します。

ヒトの腸が持つ重要な役割とは
腸の役割としてまず最初にイメージできるのが、食べ物を消化する器官であることです。

その働きに加えて、体の免疫力アップ、ウィルスや細菌などからの感染予防、ホルモンバランスのコントロール、自律神経の乱れを整える、なども腸の大切な役割です。

特に免疫力においては、70%もの免疫細胞を腸で担っているため、腸は私たちの健康な体を支えるための縁の下の力持ちといった存在でもあるのです。

また幸せを感じるホルモンとも言われる「セロトニン」という神経伝達物質のほとんどは、腸で作られています。

腸内環境が悪いとどんな影響が起こる?
腸には100兆個以上ともいわれる細菌が住んでいます。

ビフィズス菌、乳酸菌などが有名ですが、これらは善玉菌といわれます。

腸内を酸性にし、腸をベストな状態に保ってくれる細菌です。

腸内環境が悪化する原因は、大腸菌やブドウ球菌に代表されるような悪玉菌の存在です。

悪玉菌は腸内をアルカリ性にすることで、消化物を腐敗させます。

その腐敗した消化物は再び腸から血液に吸収され、全身に運ばれていってしまいます。

その結果、有害物質の影響が肌にも悪影響を及ぼし、乾燥肌や敏感肌、吹き出物など肌トラブルを引き起こす原因ともなります。

腸内環境が悪くなってしまう原因
食事内容の問題
脂肪分は悪玉菌の好物です。

肉や脂が多い食事を摂っていると、悪玉菌が脂肪分をエサとして増殖してしまうことが考えられます。

腸の粘膜が脂によりギトギトに汚れてしまっているイメージです。

またファストフードや保存料、添加物の多い食事も、酸化した脂が、やはり悪玉菌のエサになっているのです。
発酵食品や、食物繊維が豊富な食材を食べましょう

運動不足の問題
適度な運動は、腸の動き(蠕動[ぜんどう]運動)を促進し、腸の活動を活性化する働きがあります

ストレス
ストレスは胃に負担を与えるイメージが強いですが、胃だけでなく腸内環境も悪化させてしまいます。

善玉菌はストレスを受けると、減ってしまうことがわかっています

冷え
腸は消化酵素が最も活動的に作用するために、40度前後の温度であることがベストです。

冷えは腸の一番の役目、消化吸収の活動を鈍くさせるため便秘につながってしまいます。

腸内環境を整え、内側からキレイになり、美肌を作りましょう。